« セカイモンでFlyrodを落札 | トップページ | Pezon Sterlingロッドの改造 完成 »

2013年2月23日 (土)

セカイモンで落札したFlyrodが到着

Imgp1325_r 昨日のブログ書き込み後の夕方に、セカイモンマイページの落札商品の配送状況欄が、通関済・国内配達中になった。
そして2次決済金額を見ると思わずびっくり。予想金額の半分以下になっていた。つまりオーバーサイズには、ならなかったわけだ。

ヤマトを待っていると午後2時過ぎに家に来た。着払い金額(2次決済金額)を払いついに商品を受け取った。商品の梱包テープには、イギリス国旗の入ったセカイモンのテープが、何重にも巻き付けられていた。

オーバーサイズのはずがないので寸法と重量を量って確かめた。
・梱包された筒 長さ:1705mm、太さ:65mm、全重量:1.3kg

Imgp1324_r やはり正確には、オーバーサイズになる。「梱包状態で箱の3辺計160cm以上の商品」だ。おそらくヤマト側スタッフが、軽い商品で細いため通常サイズ運賃を適用してくれたのだろう。ラッキーだった。
通常サイズで1.5kgまでは、イギリスからだと\3,990円だ。それにFSCなどが加わり\4,431円になったのだろう。

それにしてもよく分からないのが、税金の明細だ。画像の左に関税3%\390円、その他諸税4%\520円、消費税等\125円とあるが、その合計\900円となっていて合わない。
意味不明だが、税金額も思っていたほどの金額ではないので、良しとしよう。

Imgp1328_r 肝心の商品は、ロッドとウッドケース?共に悪くない品物だった。コルクグリップ表面が、綺麗だ。ストリッピングガイドは、なんとスネークガイドだ。
画像には、1890年(明治23年)とあるので、これを信じれば120年以上前の製造になる。グリップ上部の六角面にモデル名の表記などはない。
さらに刻印が「E.B.K.L. To C.B.M.」とある。このCBMは、ぼろぼろの竿袋にも明記してあった。人の名前なのだろうか?

「風雲西洋毛鉤釣師帳」の西洋毛鉤釣資料館内を見させていただくと1890年にHARDYが、スネークガイドを発明したとある。このロッドのスネークガイドは、発明した年にすぐ使用されたことになる。スネークガイドが、初めて使用されたフライロッドでもあるわけだ。

入札から到着までの記録(日本時間)
1.入札     2013年 2月 8日 23時
2.落札           2月11日 8時(メール受信時間)
3.商品確認?      2月19日(マイページで確認)
4.国際宅配便荷受  2月19日(ヤマト貨物追跡で確認)
5.国際宅配便出荷  2月20日(ヤマト貨物追跡で確認)
6.国際宅配便到着  2月22日(ヤマト貨物追跡で確認)
7.国内発送       2月22日(ヤマト貨物追跡で確認)
8.商品到着       2月23日 14時

・落札額 GB 120.0ポンド
・英国内配送料 GB 15.0ポンド
・セカイモン手数料 GB 18.0ポンド
  一次決済金額: GB 153.0ポンド

・国際配送料 \4,431円
・関税 \300円
・消費税 \600円
  二次決済金額:\5,331円

« セカイモンでFlyrodを落札 | トップページ | Pezon Sterlingロッドの改造 完成 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セカイモンで落札したFlyrodが到着:

« セカイモンでFlyrodを落札 | トップページ | Pezon Sterlingロッドの改造 完成 »

無料ブログはココログ

リンクウェア

wwfj